東京都

APT WomenAcceleration Program in Tokyo for Women
東京都女性ベンチャー成長促進事業APT Women運営事務局03‒6213‒2000

プログラム

株式会社イーシーバード 堀本れい子

株式会社イーシーバード堀本れい子

ネットショッピング支援サービス事業

イーシーバードの事業内容について教えてください。

イーシーバードの事業を一言で申し上げると、「ECサイトに特化したGoogleサービス」の提供です。具体的には、楽天やAmazonなどの複数のオンラインショッピングサイトの商品情報を、イーシーバードのウェブサイトで共通仕様のアイコンにより一元管理をするもので、ユーザーは『自分だけの商品棚』を作ることができます。もちろんユーザーが表示不要と考えた商品のアイコンは削除することもできます。

複数のショッピングサイトを利用して買い物をする場合、どのサイトで商品を購入をするのが最も安いのかを確認にするのに手間がかかりますし、情報量もとても多く、調べるだけで疲れてしまいます。イーシーバードでは、ショッピングサイト別に商品の価格情報が一覧で表示されるため、利用者自身で各ショッピングサイトにアクセスすることなく、商品や価格の比較検討が容易になります。また、価格の比較時には、ショッピングポイントの付与や送料も含めた総合的な判断もでき、ユーザーが本当に必要とする情報を提供することができます。

特に、日用品等の消耗品は、毎日価格も変わる一方で、リピート購入がされやすい商品であるため、我々のサービスを利用することで、リピート購入の際のショッピングサイト比較がより便利になります。

サービス提供はまだ始まっていないのですが、PCT国際特許出願した従来にない新しいビジネスモデルであり、現在サービスの立ち上げに向けて準備を進めている段階です。

09-1

起業のきっかけを教えてください。

起業のきっかけは、私自身がこのサービスを望んでいたことです。日々価格が変わるオンラインショッピングで、複数のECサイトにアクセスし、商品名を入力し、値段を確認して比較する作業がとにかく面倒だと感じていたのです。

そして、上記を解消するサービスを利用したいかアンケートをとったところ、ECサイト利用者の75%以上もの方が利用を希望され、特に30代以上の既婚女性の方々からは93%もの高い支持を頂きました。

日本でのECサイト利用者は6000万人以上で複数のECサイト利用者は4000万人いますので、一定数以上のユーザーを獲得できると考え、また、類似のサービスが存在しないこともわかったので、「じゃあ私が作ろう」と起業をしました。

さらに、現在も所属するゲーム会社での企画営業や、前職のイラストレーター業で培った経験が、サービスの企画立案や、利用者が使いやすいデザイン設計に活かせるという点も起業の後押しとなりました。

今後の展望を教えてください。

短期的には本サービスの試行版が今年の夏に配信予定ですので、少しでも多くの方に利用いただきたいと考えています。中期的には、ユーザーの閲覧履歴により嗜好性を蓄積し、個人の嗜好性に添った商品を優先表示する機能の追加を予定しています。長期的には、商品カテゴリ別の専門サイトの構築や、更により便利な機能(特許出願前のため詳細は割愛させて頂きます)も追加していき、海外も視野に入れ事業拡大を図って参りたいと考えています。

時代の変化に伴い、ECサイトに対する利用者ニーズも変化していくと思いますが、「オンラインで複数の商品を見比べて買い物するなら、イーシーバードが一番だ」と感じて頂けるシステムを作り続け、「ネットショッピング情報はイーシーバードから」と言って頂けるようなサービスを提供し続けたいと考えています。

インタビュー動画