東京都

APT WomenAcceleration Program in Tokyo for Women
東京都女性ベンチャー成長促進事業APT Women運営事務局03‒6213‒2000

プログラム

ジーエルイー合同会社 呉屋由希乃

ジーエルイー合同会社呉屋由希乃

サステイナブルな社会を提案する美容商品等の企画販売

ジーエルイーが手がける「サンゴに優しい日焼け止め」について教えてください。

名前の通りなのですが、サンゴに優しい日焼け止めです。

私は沖縄の出身で、昔は海によく行っていました。あるとき日焼け止めを塗って海に入ろうとしたら「サンゴが死んじゃうよ」と言われたのです。調べてみたら既存の日焼け止めには、サンゴに有害な物質が入っていることが判明しました。海が好きで育ってきたのにまさか自分がサンゴを殺しているなんて想像していなかったので、この体験は本当に衝撃でした。

そもそもサンゴは景観的なものもありますが、アマゾンと同じ程度のCO2の削減効果があります。サンゴに頼って生きている魚もいるので、サンゴがないと生態系が壊れてしまうんです。

実はサンゴは世界中で減少していて、サンゴの保護は諸外国では喫緊の課題になっています。しかし日本では私のように海が好きでも知らない方が多いのが現状です。そこで海や沖縄を守るために、サンゴに無害な、自然成分100%の日焼け止めを販売することにしました。

クラウドファンディングにも挑戦して、250人から350万円の支援をいただきます。

どんな方が購入しているのですか?

もともと海に入っていたけど、日焼け止めが有害とご存知なかった方が多いですね。ネーミングがそのまま「サンゴに優しい日焼け止め」なので、気になって手にとる方が多いようです。日焼け止めがサンゴに有害と知っていたから今まで塗らなかった方が、これなら塗れるといって購入いただくこともありますね。ちなみに空港のショップ、沖縄専門店、飛行機の機内販売、小売店などで販売されています。

今後の展開を教えてください。

サンゴの減少は日本だけでなく世界的な問題で、その保護は今世界中で話題にのぼっています。サンゴは海中で踏んだだけで死滅してしまうので、踏みつけを罰金にしている国があるほどです。

このように、サンゴに優しい日焼け止めを潜在的に必要としている国々は、たくさんあります。このような国・地域に拡販していきたいです。

また日本には、サンゴを守るための規制はほとんどありません。拡販と合わせて日本でもサンゴを守るための啓蒙活動も引き続き取り組んでいきます。

インタビュー動画