東京都

APT WomenAcceleration Program in Tokyo for Women
東京都女性ベンチャー成長促進事業APT Women運営事務局03‒6213‒2000

受講生

第5期 受講生

ライフスタイル

  • 阿部 志織
    株式会社エル・マジェスタ
    阿部 志織
    所在地東京都港区

    音楽の力と生演奏の魅力を届け、女性音楽家の活躍の場を広げる

    音楽家に生演奏を手軽に依頼できる「ポケオケ(ポケットオーケストラ)」を展開しています。登録アーティストは100人を突破し、これまでに年間200件以上の演奏を実施。約2万人の方々に生演奏の魅力を届けてきました。

    当社は女性音楽家のプラットフォーム、ウーマンオーケストラとして、コミュニティを構築している点が大きな特徴です。音楽大学を卒業し高い技術力をもっていても、結婚や出産といったライフイベントによって演奏活動を中止してしまう女性音楽家を数多く見てきました。そこで、大学では教えてくれないエンターテインメントの企画や運営、経営などのインフラや、多様な働き方を選択できる環境を整え、音楽活動を継続できるようなモデルを生み出したいと考えています。

    現在は新型コロナウイルス感染症の影響をうけ、対面での生演奏に抵抗を感じる方も多いため、オンラインで音楽ライブを配信する「ポケオケ for オンライン」などのサービスや、音楽に特化した託児所開設などの展開を視野に入れ、海外進出も見据えながら、音楽の力で社会を元気にしていきます。

  • 石川 加奈子
    株式会社grigry
    石川 加奈子
    所在地東京都渋谷区

    携帯できる小型のお守りロボットが、犯罪やストレスから女性を守る

    犯罪やストレスから女性の心身を守り、笑顔をサポートする可愛い護身ロボット「ココロン」を開発しています。
    可愛いペットロボットとしてデザイン性を意識しており、ユーザーの歩いた距離や触れ合い度合い、ストレスレベルを反映して成長していきます。
    さらに、突然、襲われそうな事態・声を出せない環境下では、ココロンが警察に通報し、ユーザーを危険から守ってくれます。また、アロマネイルオイルの香りでストレスを緩和する機能も兼ね備えています。
    ココロンを持つことで、ユーザーは、①可愛らしい見た目や動作で癒やされ、②アロマの香りでストレスが緩和され、そして③もしもの時は危険から身を守ることが可能になります。

    日常生活を送る中で、5割以上の女性が犯罪被害の不安を感じ、3割以上が実際に被害を経験しているというデータがあり、多くの女性が身の危険を感じていますが、護身グッズや防犯グッズには画期的なイノベーションがなく、活用している人は少ないという課題があります。

    そこで当社は、主として若い女性をターゲットに、いざという時に自分の身を効果的に守る手段を提供し、多くの女性がより自由に自分らしく人生を楽しめる世界の実現をめざします。

  • 石根 友理恵
    株式会社SEAM
    石根 友理恵
    所在地東京都新宿区

    心と体を満たす食ブランドを創る、お漬物DtoCサービスを展開

    和ピクルスのDtoC(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)ブランド「和もん」をデジタルチャネルメインに販売しています。
    ベースとなる酢にだしを効かせたピクルス液に有機野菜を漬けていて、化学調味料は不使用。
    野菜を食べた後は、調味料としても活用できるためフードロス削減にも寄与します。季節ごとに新商品を開発し、サブスクリプションサービスで定期的に商品を提供していきます。

    人の体は食べるものでできています。しかし、仕事や家事などで忙しい日々を過ごしていると、食事がついおろそかになってしまいがち。そんな中、安心・安全な「和もん」を生活に取り入れ、「和もん」が提案する食体験を楽しむことで、豊かな食生活の創造に意識を向けてもらいたいと考えています。
    忙しくても丁寧で健康的な食事がとれるサービスを提供する、現代の消費者にあった食ブランドを展開していきます。

  • 榎本 峰子
    一般社団法人 旅の栞
    榎本 峰子
    所在地徳島県阿波市

    介護が必要な方々の旅行をサポートし介護する人もケアできる、誰ひとり取り残さない社会の実現をめざす

    徳島県で福祉交流型の民宿「旅の途中」を経営しています。介護が必要な人と介護をする人が旅行を通じて出会い、お互いの課題の解決につなげるためのサービスとしてスタートしました。

    介護を必要とする高齢者や障がい者のなかには、旅先での設備や普段と違う環境に不安を覚えたり、家族に迷惑をかけるのではないかと考えたりして、旅行をあきらめてしまう方が多いのが課題です。また日々多くの仕事と向き合うなかで、介護・福祉現場のスタッフが心身ともに疲労してしまうケースも決して少なくはありません。そこで当社では、民宿に立ち寄った介護・福祉スタッフ同士が情報を交換しながら連携し、介護が必要な方が安心して旅行を楽しめるようサポートを行います。

    今後はホームページでの情報発信、予約システムを構築して稼働率をあげていくとともに、高齢者や障がい者に特化したユニバーサルデザインの旅館「旅路」の開業に向けて、事業の拡大とノウハウを吸収していきます。

  • 坂梨 亜里咲
    MEDERI株式会社
    坂梨 亜里咲
    所在地東京都渋谷区

    妊孕力についての正しい知識を普及し、キャリアと妊娠・出産・育児の両立が可能な社会をめざす

    自身の妊娠・出産に関する生殖機能をチェックできるキットやサプリメントの販売、妊娠とキャリアに関するカウンセリングなどのサービスを提供するウーマンウェルネスブランド「Ubu」(ウブ)を展開しています。

    女性の妊娠する力を示す「妊孕力」は年齢とともに低下するため、キャリアを優先させると、出産したい時に子どもを授かりにくくなる可能性があります。また、日本で不妊検査や治療を経験する夫妻は約5.5組に1組と言われており、妊娠・出産に悩みを持つ人が多い一方で、治療と仕事の両立はなかなか難しいのが現実です。

    そこで女性ならではの悩みに寄り添ったプロダクトやサービスを通して、妊娠・出産にまつわる「正しい知識」と「自分に向き合う時間」を提供。ライフプランの構築に貢献し、キャリアと望むタイミングでの妊娠、出産・育児の両立が可能な社会をめざします。

  • 杉本 亜美奈
    fermata株式会社
    杉本 亜美奈
    所在地東京都品川区

    社会の多様性を育むコミュニティやスタートアップエコシステムの実現をめざし、Asia-Pacificのフェムテック市場を創出

    「あなたのタブーがワクワクに変わる日まで」を合言葉に、タブー視されがちな「性」のウェルネスの課題を解決する Femtech (フェムテック:Female + Technology)の Asia-Pacific 市場創出と拡大をめざし2019年10月に当社を設立しました。
    現在、100社を超える国内外の Femtech 企業とのネットワークを有し、世界初である Femtech 専門のECサイトや、日本初となる路面店を展開。シンガポールにも支社をもち、現在はオーストラリア支社の設立にも動いています。また、2020年1月にはFemtech 企業専門に投資を行う関連企業「Fermata Fund 合同会社」を設立しました。

    Femtech市場への投資額は、2012年の60億円から2019年には750億円まで増加し、2025年には市場規模が5兆円に達すると言われています。今後は業界を牽引する企業として、社会や個人が持つ潜在的なタブーや自分自身と向き合うきっかけとなる選択肢を増やすことで、社会の多様性を育むコミュニティやスタートアップエコシステムの実現をめざします。

  • 簾藤 麻木
    一級建築士事務所nenlin
    簾藤 麻木
    所在地東京都目黒区

    デザインや空間の力を通じて、高齢者や医療介護に関わる人々の豊かな生活の実現をサポート

    介護仕様でも見た目に差が無く、当事者や家族が使いやすい介護用品の企画や、デザインを手がけ、空間の内装設計にも対応しています。今後は商品の販売代行やセミオーダーをサービスに加えると共に、様々な商品のD2C(ダイレクト・ツー・コンシューマー)プラットフォームを運営し、ユーザーに必要な情報を届ける仕組みを展開していきます。

    これまで介護シーンにおいては、耐久性や低価格の商品を求めるあまり、プラスチックを使用した製品が多く流通しており、環境や心身の健康に様々な負担を与えていました。一方、独自に良質な介護用品を作るメーカーは、企業ごとに販売チャンネルを展開しているため、必要としているユーザーに情報や商品が届きにくい状況です。

    そこで当社は作り手に代わって、プラスチックレスの介護用品の営業代行やコーディネートを手がけ、宿泊施設や飲食店、個人などのユーザーに適切な商品と情報が届く仕組みの構築をめざします。目立たないデザインの介護用品が欲しい、高齢の両親や祖父母に嗜好品以外の贈り物をしたいというニーズにも対応し、医療介護に関わる人々や高齢者の豊かな生活の実現をサポートします。

  • 角田 夕香里
    vivola株式会社
    角田 夕香里
    所在地東京都渋谷区

    個人に合った不妊治療方法の選択をサポートし、適切な期間と費用で負担軽減をめざす

    不妊治療経験者などの治療データを集約した統計データを活用し、パートナー同士の年齢やホルモン値、疾病などの情報を入力すると、「自分と似た人」が成功した同質データが表示される、不妊治療サポートサービス「cocoromi(ココロミ)」を提供しています。(日本卵子学会、日本受精着床学会の医師監修)

    不妊治療は医療機関ごとに治療方針が異なるケースが多く、治療費は高額になりやすい傾向があります。また、医療機関が個別にデータを保有するため、患者が客観的データを参照して主体的に治療と向き合うことが難しいという課題があります。

    そこで当社はデータに基づいて治療計画をサポートし、妊活の実践的な知識を学べる機会を提供していきます。不妊治療患者は、自分の症状や治療についてオープンにしづらいケースが多いため、同じ悩みをもつ人々と相談ができるコミュニティの構築にも注力していきます。今後、データの蓄積にともなうAI活用や、不妊治療を開始する前の妊活をサポートするサービスのスタートも予定しています。

  • 高桑 蘭佳
    株式会社メンヘラテクノロジー
    高桑 蘭佳
    所在地東京都渋谷区

    先輩に相談する感覚で気軽に使えるチャットサービスを展開し、個人が抱える不安や課題の解消につなげる

    アプリケーションを通じて、辛い時にすぐに相談できるチャットサービス「メンヘラせんぱい」の開発と運営を手がけています。身近な先輩に相談する感覚で気軽に利用できる点が特徴で、営業時間内であれば予約も不要。相談の受け手側である「せんぱい」は当社の選考を通過した女性に限定しています。

    メンヘラとは「メンタルヘルス」から派生した造語で、元々は「心に何かしらの問題を抱えている人」という意味合いで用いられているインターネットスラングですが、最近では10代~20代前半に浸透してきています。
    メンタルに不調を抱える人にとって、辛い時や寂しい時、誰かと話したくなった時に、周りにすぐに相談できる相手がいなくて不安になってしまうという課題があります。その一方で継続的にカウンセリングに料金を支払うのは難しく、公共団体などが行う無料の相談窓口は込み合っておりなかなかつながらないのが現状です。
    そこで当社は低価格で相談できるチャットサービスを展開することで、継続的に利用できるようにしています。今後はミレニアル世代の女性を対象にした商品やサービス開発のプロデュースも視野に入れ、多くの人の助けとなることをめざします。

  • 高田 麻衣子
    オクシイ株式会社
    高田 麻衣子
    所在地東京都渋谷区

    子どもの成長に寄り添いながら働ける環境を整備し、一人ひとりが自分らしく生きられる社会の実現をめざす

    保育施設併設シェアオフィス「Maffice(マフィス)」を運営しています。子育てをしながらも、自身のスキルや能力を活かし、フリーランスや自身で起業するなど場所や時間に囚われない働き方をめざす人が多く利用しています。また、最近では、新型コロナウイルス感染症の影響で企業勤めの会社員にもテレワークが浸透しつつあり、父親の利用も増加傾向にあります。
    少子化対策や女性活躍推進が掲げられて久しいものの、都市部を中心に、希望の保育園に入園できず、働くことと育児の両立に不自由な生活を強いられている家族が多く存在しています。
    そこで当社は仕事と育児どちらにも無理なく向き合うために、保育園が併設されたシェアオフィスを展開し、子どもの成長に寄り添いながら親たちも自分らしく働くことができる環境整備を行っています。また子育てをしながらビジネスを伸ばせるよう、起業支援などのサポートも行っています。現在、小学校以後の子育てと仕事の両立もサポートすべく駅構内に民間学童を併設したシェアオフィスの運営受託も担っています。

    今後は、Mafficeを他地域に展開していくとともに、すでに施設を持っている企業や団体、保育所を運営している事業者とのコラボレーションも進めていきます。

  • 星野 翠
    株式会社SAKELOGY
    星野 翠
    所在地大阪市淀川区

    日本酒のファンを、世界中に。「日本酒情報を英語で発信したい」を叶えるサービスを展開

    海外の方にも自慢の日本酒を知ってもらいたい。
    美味しい日本酒を飲んで、楽しんでもらいたい。
    そんな蔵や日本酒を扱うお店の「日本酒情報を英語で発信したい」を叶えるサービスSAKELOGY(サケロジー)を運営しています。
    SAKELOGYを活用することで、スポットのイベント開催時やPRしたいお酒が100種類以上ある場合でも、商品ごとの詳細情報をオンライン上で英語と日本語で提供でき、ゼロからwebサイトを立ち上げるよりも、簡単・低コスト・スピーディに情報を発信することができます。さらに、サイト利用者が「好きなお料理」からおすすめのお酒を選べる「ペアリング機能」も好評です。
    また、お酒の情報提供に加えて、イベントや飲食店で出逢った、飲んで美味しいと思ったお酒をスマホで購入できるサービス「さけろじ商店」の展開も行っており、消費者が日本酒の商品情報にアクセスしやすく、好きなお酒を手に入れやすい新たなユーザーエクスペリエンスを提供しています。

    現在は新型コロナウイルス感染症の拡大で、日本酒業界は甚大な影響を受けていますが、オンラインツールを組み合わせた日本酒のプロモーションとオンライン販売のサポートにも注力します。

  • 水野 彰子
    SHALONE株式会社(2020年冬登記予定)
    水野 彰子
    所在地東京都杉並区

    デジタルプラットフォームを活用し、次世代のクラシック音楽を創造

    デジタルプラットフォームを活用したクラシック音楽家の派遣サービスを開発しています。これまで数多くの音楽コンサートの企画や運営に携わり、文化芸術への造詣が深い個人や企業の方々に、クオリティーの高いパフォーマンスを届けてきました。

    現在は新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、大規模なコンサートやライブといったリアルの場での演奏の機会が制限され、音楽家の活躍の場が失われています。その一方で、安心して音楽や娯楽を楽しみたいという需要は高まりつつあり、日本のクラシック音楽業界は大きな転換を迫られています。

    そこで当社はデジタルプラットフォームを活用し、小規模での演奏会やオンラインイベントなどの企画を進めていきます。様々な方のニーズに対応できるマッチングプラットフォームの設立や、企業と連携した音楽家のサポートサービスも展開し、日本のクラシック音楽業界をサポートしていきます。

  • 三橋 利佳
    Sustainability Asia 合同会社
    三橋 利佳
    所在地東京都中央区

    コーヒーの生産過程で廃棄されるコーヒー果皮「カスカラ」をお茶として製造販売し、持続可能な生業をめざす

    コーヒーの果皮「カスカラ」を使用したお茶を生産し、販売しています。カスカラは栄養価が高く、抗酸化作用があり、ポリフェノールなどの栄養分を多く含むため、リラックス効果が期待できます。また生産から販売までのプロセスにもこだわり、カスカラ茶の適正な価格での継続的な取引を意識しています。

    通常はコーヒーの生産過程でまとめて廃棄されることが多いカスカラは、酸が強く、そのまま破棄すると環境に悪影響を及ぼしてしまいます。また、世界のコーヒー農家の約9割が発展途上国に位置しており、利益の不公平な分配が農家の経営を圧迫させる原因となっています。

    カスカラを捨てることなく加工して様々な商品にし、販売することで、農家の副次収入を生み出し、環境汚染の防止にもつなげています。持続可能な開発目標(SDGs)を経営に取り入れながら、ビジネスを通じて社会課題の解決をめざしています。

ファッション・デザイン

  • 内丸 もと子
    株式会社カラーループ
    内丸 もと子
    所在地京都市左京区

    廃棄繊維を色で分けてアップサイクルし、サーキュラーエコノミーにつながる新しいリサイクルの形を提案

    廃棄繊維をアップサイクルした素材やプロダクトの開発、企画、販売を手がけています。繊維製品は様々な素材が混紡・混織される場合が多く、素材分別が困難です。そこで素材分別が難しい廃棄繊維を色に着目した新しい分別方法「Colour Recycle System」によって新たな価値を生み出し、廃棄繊維から付加価値のあるプロダクトを創出し、それぞれの企業のニーズに合わせた商品やオリジナル素材での商品展開を行なっています。

    日本での廃棄繊維は年間約200万t。その中でリサイクルされているのはわずか1/4程度です。また現状のリサイクル用途は中古衣類や産業用資材がほとんどで、付加価値が低く、安価なものとして捉えられています。

    当社は、デザインと工学を融合した新しいリサイクル方法により、魅力的な素材やプロダクトを提供し、サーキュラーエコノミーにもつながるアップサイクルの取り組みを広げています。今後も工場内廃材やデッドストックの課題を抱える企業へのコンサルティング、コラボレーションを行うとともに、繊維素材や製品を循環させるサーキュラーエコノミーの実現に向けて、新しい素材の可能性を追求していきます。

  • 大森 淑美
    株式会社AI
    大森 淑美
    所在地東京都大田区

    知財とITの活用で人と環境に配慮したネイルプロダクトを開発、ネイリストとユーザー双方のメリットを高める

    従来品よりも人体と環境に負荷が少ないネイル関連製品とサービスを開発しています。
    ものづくりの街、東京都大田区の熟練の職人技術と当社デザインの材料により、98%植物由来の生分解性のネイルチップを開発しました。
    0.3㎜台という厚みに加え、特定の温度(例えば80℃)で可変するパフォーマンスを持たせており、人によって違う爪のカーブにもしっかりとフィットし、ガスパーナブルシステムを持ち生体適合性が高いのが特徴です。

    爪の手入れをするためにネイルサロンに通う場合、料金が高かったり、施術時間が長かったりと、ユーザーにとってのペインやネイリスト側にとっても生産性の向上や新規顧客の獲得に課題があります。

    そこで当社はPCT国際特許申請や商標を獲得するなど知財とITの活用及び、サスティナブルな薄くて高性能の新たな素材を使用した製品とサービスを開発し、従来のネイルサービスよりも経済的で、時間も短縮しながらおしゃれを楽しむことができるプロダクトを展開していきます。
    ネイリストとユーザー双方のメリットを高めながら、持続可能な開発目標を照準に合わせ、環境課題や子ども、ジェンダーなど今まで見過ごされがちであった小さな声を大切にした企業、社会づくりをめざします。

  • 狩生 志保
    株式会社Lecture
    狩生 志保
    所在地大分県大分市

    ハサミをもたない美容室を展開し、サロンでシャンプーをする新習慣を創出する

    シャンプーやブロー、ヘアセットに特化した美容室を経営しています。脳神経外科医監修のもと、脳科学とヘッドマッサージの要素を取り入れた3種類の独自の洗い方を開発。シャンプーは15種類の中からそれぞれの髪質や頭皮に適したものを使い分けることで、リラクゼーションとヘアケアの機能を兼ね備えました。

    女性の社会進出や共働き世帯の増加など、現代では生活を取り巻く環境が大きく変化しています。帰宅後のシャンプーを面倒くさいと感じるほか、大切な会食の前などにヘアセットを希望する女性も増えつつあります。また、怪我や手術により自宅で髪が洗えない方に対してのサポートも不足しているという課題がありました。

    そこで当社は短い時間で身支度が整う新しい習慣を提案し、幅広い年齢層の方々にリフレッシュタイムを届けています。今後は海外展開や医療分野への進出も視野に入れています。自力でシャンプーができない高齢の方や術後の方などを対象にしたサービスや、他社との新商品の共同開発などを通じて、新しいマーケットの開拓をめざします。

  • 坂上 舞
    株式会社マイコエンタープライズ
    坂上 舞
    所在地東京都中央区

    海外向けに日本企業の魅力を発信し、ケニアでの事業拡大をめざす

    日本企業の海外展開サポートや、広報ブランディング支援を手がけています。現在注力しているのは、ケニアでのプロジェクトです。現地の工芸品を日本で紹介するほか、日本の商品をケニアで販売するためのECサイトの立ち上げを進めています。ICT(情報通信技術)市場が発達しているケニアの経済成長は著しく、人口も増加傾向にあるため、現地の中間層から富裕層向けのサービスを充実させていきます。

    海外での販路開拓を検討している中小企業にとって、現地の市場調査を行う際には様々なハードルがあります。また、海外でプロジェクトを進めるうえでは現地パートナーや担当者が重要な鍵を握ることが多い一方で、自社のみで十分なリソースをさくことが難しいケースも多くありました。

    当社代表は、ケニアにある企業の共同代表を務めているほか、ケニアで就業経験のある人材や現地在住の担当者を抱えるメリットを打ち出し、現地への参入障壁を下げながら、ビジネスのスケールアップをめざします。まずはケニアで日本酒の販売から手がけ、成功事例を生み出すことで、多くの日本企業の魅力を発信していきます。

  • 高崎 聖渚
    株式会社XY
    高崎 聖渚
    所在地東京都渋谷区

    日本を代表するランジェリーブランドをめざし、人や社会の価値観をアップデートするきっかけを創出

    「ランジェリーを通じて日本人の性の自立を促すD2Cブランド」をコンセプトにランジェリーの企画、製造を行っています。フランスで学んだデザイン力と日本人に合うパターンでランジェリーの開発を行っています。自社でオンラインサイト「MAISON XY」のほか、都内のセレクトショップや全国の百貨店催事にて商品を販売。アウターとして見えてもかっこいいデザインを施し、服とスタイリングして着用できるアイテムも数多く展開しています。
    日本では体型や容姿コンプレックスを刺激するプロダクトや広告が多く、デザインや着用する人の気持ちにより沿ったブランドが少ないのが現状ですが、当社は、自分自身の体を肯定し愛せるようになる商品を企画、開発しています。

    今後はブランドの海外進出も視野に入れつつ、ランジェリーを通して女性の自立を促す「新しい性教育」を提唱していく予定です。ランジェリーの幅広い展開を通じて多くの女性の心にポジティブな影響を与え、自分らしい選択ができるようなきっかけを創出します。

ディープテクノロジー

  • 田苗 眞代
    株式会社タベテク
    田苗 眞代
    所在地福岡県春日市

    プラズマ殺菌装置を活用して、人と環境にやさしい農産物の鮮度保持ソリューションを提供

    九州大学で研究開発されたシーズを活用し、収穫した柑橘類のカビの発生を防ぐプラズマ殺菌装置を開発しています。常温下で薬剤を用いずに柑橘類の表面を殺菌することができる装置で、実証実験の結果、常温の倉庫内で保管している際にカビが発生し廃棄せざるをえなかった柑橘類の数を、従来の3分の1まで減らすことが確認できています。

    地球温暖化の影響などをうけ、冬に柑橘類を収穫して春先まで常温で貯蔵するという従来の流通方法が適応しづらくなってきています。近年では貯蔵倉庫内の温度を下げるための冷却装置が販売されていますが、300万円前後の購入費がかかるうえ、追加で光熱費も発生してしまう点が課題となっていました。

    そこで当社は柑橘類の鮮度を保つことができるプラズマ装置を生産者に無償で提供し、装置の効果でカビが発生しなかった柑橘類に対して一定の費用を得るビジネスを、今秋から本格的に展開していきます。装置は太陽光でも稼働できるため、今後は途上国をはじめとした海外の応用も視野に入れています。農作物のサプライチェーンを見直し、世界中で発生している食品廃棄の問題の解消にもつなげていきます。

  • 中川 友紀子
    株式会社アールティ
    中川 友紀子
    所在地東京都千代田区

    人と一緒に働くロボットの実用化を通じて、食品工場の生産性向上に貢献

    サービスロボットやAI(人工知能)に関わる製品の開発や販売、研修などを手がけています。現在自社で開発を進めている「Foodly(フードリー)」は、惣菜やお弁当工場の盛り付けラインで人と一緒に作業ができる人型のロボットです。AIを活用した画像認識の技術により、不定形な食品をそれぞれ認識して取り出し、弁当箱に盛り付けることができます。

    食品工場では人材不足が慢性的な課題となっている一方で、弁当の盛り付け作業には細かな判断が求められるため、ロボットによる自動化のハードルが高いとされていました。また、フードチェーン全体を通じた衛生管理の向上や食の安全に関する取り組みに対しても、近年注目が集まっています。

    そこで当社は現場の課題を解決できるロボットの開発を通じて、次世代の食品工場における生産性の向上に貢献します。ロボットの導入は菌の繁殖を抑える用途としても活用が期待できるため、人による「ラストワンハンド」の自動化を進めていきます。

  • 森川 春菜
    オングリット株式会社
    森川 春菜
    所在地福岡市博多区

    専門知識が無くてもテクノロジーの力で橋梁やトンネルの点検作業を行い、社会インフラの維持をサポートする仕組みづくりを行う

    橋梁やトンネルといったインフラ構造物の調査サービスを展開しています。現在、自動で街灯に登り、ボルトの緩みなどをチェックできる街灯点検に特化したロボットの開発を進めています。AI(人工知能)の画像処理や振動センサーで損傷を診断できるため、従来の4倍のスピードで作業を進めることができ、点検費用は約半分まで削減できます。

    街灯をはじめとするインフラ設備の老朽化は、日本全国で共通の深刻な課題です。これまで街灯の点検を行う際は、高所用の作業車を使用し交通規制をかけて誘導員を設置する必要があるなど、多くの負担がかかっていました。しかし、過去には老朽化が原因で事故が発生したケースもあり、点検を行う技術者の高齢化や人手不足などによる負担や見落としなども指摘されています。

    そこで当社はテクノロジーを活用して高精度な診断を実現し、ヒューマンエラーの発生を防止する取り組みを進めていきます。AIや画像処理技術を活用することで、専門知識がない人でも点検作業やレポート作成ができるため、新たな雇用を生み出すことができ、インフラ業界における人材不足の課題解決にも寄与していきます。

コミュニケーション・ネットワーク

  • 池原 真佐子
    株式会社MANABICIA
    池原 真佐子
    所在地東京都港区

    「社外メンター」の知見を次世代女性リーダーへシェアし、多様な女性リーダーを社会に増やす仕組みを作る

    女性リーダーに特化した「社外メンター」のマッチング、メンター制度構築などを手がけています。「Mentor For」事業では、キャリアアップとライフイベントを両立した経験をもつ女性を社外メンターとし、女性管理職を増やしたい企業とマッチングします。これにより、女性管理職の増加、自信形成、社内組織風土変革にもつながるサポートを提供してきました。

    日本では近年、女性の就業者数が増加傾向にあります。その一方で、組織の意思決定に関わる女性の数はまだまだ少なく、管理職に占める女性の割合は低く、先進国の中では圧倒的に女性の活躍が遅れているのが現状です。

    そこで当社は女性が経験する様々な課題に立ち向かい、前向きにキャリアを形成するために必要なサービスを展開してきました。女性が、自分らしいリーダースタイルをみつけることで、一人一人が生き生きと活躍できる社会の実現をめざします。

  • 岩橋 ひかり
    株式会社MYコンパス
    岩橋 ひかり
    所在地東京都中央区

    女性の多様なライフキャリアと個性を活かした活躍を支援するオンライン教育プログラム

    結婚や出産などのライフイベントの前後でキャリアを再考する20代から30代の女性を対象に2ヶ月間のオンライン教育プログラムを提供しています。
    受講生同士が交流できるコミュニティ型のオンラインスクールで、独自のキャリアコンサルティングを行っています。オンライン完結なので時間や地域を問わず受講することができ、これまで3年間で約300人が受講し94%という高い満足度を誇っています。

    ジェンダーギャップ指数が世界で121位と過去最低、女性管理職比率30%到達の目標は10年先延ばしにされるなど、女性が活躍する社会の実現にはまだ時間がかかる現状で、活躍する女性の具体事例を知る機会が少なく、自身のキャリアに迷っている人が多いのが現状です。

    そこで、個人のキャリア構築を支援するとともに、女性のキャリア支援を行う他の企業や女性管理職を増やしたい大企業などと連携することで、ジェンダー平等な社会づくりに寄与します。

  • 太田 順子
    Third Way株式会社
    太田 順子
    所在地東京都中央区

    患者が前向きに治療に向き合う環境を作り、医療分野の発展に寄与

    患者が自ら音声や文字で病気の診察や症状を記録するカルテのクラウドサービス「ペイシェントイルネスヒストリー(PIH)」を展開しています。カルテの内容は、スマートフォンやパソコンで保管でき、患者が治療や闘病の経過を記録して携帯することで、家族や医療従事者と情報を共有できるようにし、短い診察時間を効率的に活用することができます。
    記録をすることで患者自身が自分の状況を理解して前向きに治療に取り組むことができるうえに、記録そのものが同じ病気の治療にも役立てられます。医療現場や患者の協力による実証を経て2020年秋より本格的なサービス開始を予定しています。
    本サービスを通じて、医師の不足や厳しい財源、医療従事者の多忙な業務など多くの課題を抱える日本の医療の効率化や発展に貢献します。

  • 大桃 綾子
    Dialogue for Everyone株式会社
    大桃 綾子
    所在地東京都目黒区

    セカンドキャリアの実践プログラム「ふるさとみつけ塾」を通じ、ミドルシニアの新たな挑戦を後押し

    都市部大手企業ミドルシニア層を対象に、キャリア研修と地方企業でのインターンシップを組み合わせた「ふるさとみつけ塾」を中心とする人材開発プログラムの企画・運営を手がけ、新たなキャリアの選択肢を増やすことをめざしています。

    人生100年時代と言われる中、定年後の準備をしていないミドルシニアは約4割。また、首都圏在住の50代男性のうち約5割が地方移住に興味がある一方で、仕事・生活・人間関係の不安から、実際の行動に繋がっていません。地方では人手不足が深刻であり、特にアイデアやコンテンツを形にする人材が不足しています。
    そこで当社は熱中小学校という地域の尖った人材が集まる大人の学校で、セカンドキャリアを考えるプログラムと、これまでの経験を生かした地方企業でのインターンシップにより、学びなおす機会を提供します。
    2020年10月より一般社団法人熱中学園と半年間の実証を行い、2021年春からの本格展開をめざします。本事業の実現により、日本の1600万人のミドルシニアの力を解き放ち、充実した人生100年時代の実現と地方創生に貢献します。

  • 鎌田 奈那美
    合同会社anohi
    鎌田 奈那美
    所在地東京都目黒区

    入院患者のこころのケアをサポートし、メンタルヘルス問題の解決をめざす

    入院患者のメンタルヘルス問題を解決する、オンラインアートワークショップのプラットフォーム「anone」を2020年秋頃より展開する予定です。
    多くの入院患者は病気や将来に対する不安や落ち込みなどから、強いストレスを感じやすい状況で日々を過ごしていますが、病院の限られたリソースの中でメンタルサポートは十分にできないことが多く、課題となっていました。
    そこで、このセラピーアートプログラムを通じて、医療従事者に負担をかけることなく、継続的に入院患者のメンタルケアを行うことができるサービスを開発しました。提携病院にはアートキットを設置しておき、オンラインで選任のファシリテーターがワークショップを行うことを想定しています。
    ワークショップの際は全国の入院患者同士もつながることができ、同じような状況の方同士で交流をすることもできます。
    今後は入院患者向けオンラインアートポータルサイトの立ち上げも視野に入れ、全国の病院への展開をめざしています。

  • 河合 優香理
    株式会社Enbirth
    河合 優香理
    所在地東京都江東区

    個人のモヤモヤと企業風土を「働き方の健康診断」で見える化し、すべての人が活躍できる社会をめざす

    個人の働き方と企業風土を可視化するウェブサービスを開発しています。「働き方の健康診断『Workex』」は、仕事終わりに簡単な質問に答えるだけで、ユーザーの現状を分析し客観的データとして表示することができます。また、個人ユーザーの結果と勤務先企業のデータを組み合わせることで、見えづらい企業風土の可視化にもつなげることができます。

    日本人の労働生産性、ワークエンゲージメント共に世界最低ラインである背景には、「働き手自身も言語化できていない不安や不満」と「多様化する働き手の変化に追いついていない企業の実態」があると考えています。

    そこで当社は働き手の状態を可視化することで最適な企業を見つけ、次の一歩を踏み出すためのサポートを行っています。また、働き方改革や新型コロナウイルス感染症の影響で働き方が激変する今だからこそ、企業風土も「現在の視点」で透明性を高く可視化することで、意欲的に働く人が集まる組織作りに貢献します。そして、本質的な意味で一億総活躍社会の実現をめざします。

  • 喜多村 若菜
    株式会社fruor
    喜多村 若菜
    所在地東京都港区

    ライフイベントを機にキャリアを諦める人をなくす

    オンラインのキャリアカウンセリングサービス「ミートキャリア(meetcareer)」を展開しています。ライフイベントと仕事の両立に関して高い専門性をもつキャリアカウンセラーが、ライフステージに合った働き方を選択しながらキャリア形成するための課題整理やアドバイスを実施。法人向けには育休復職後の社員に対して、第三者視点から自身のキャリアに対して前向きになる手助けをしています。

    男女問わずライフイベントによって働き方が大きく左右される時代ですが、働く人がプライベートも含めたキャリア相談ができる場は限られています。企業内で環境の整備や制度の充実は進みつつある一方で、時短勤務での管理職への昇進が難しいことなどが課題として挙げられています。

    そこで当社はライフステージに合った働き方を実現するためのキャリア支援サービスを通じて、企業における長期的な人材活躍に貢献していきます。様々なロールモデルを提示することで、ライフイベントを機にキャリアを諦める人をなくし、自分らしい働き方の実現をめざします。

  • 坂井 香璃
    SHANRI株式会社
    坂井 香璃
    所在地東京都渋谷区

    メディカル分野の新しいことばデータベースを活用して、医療環境とユーザーをつなぐ

    医師や看護師をはじめとした医療従事者が使う医療言葉と、患者やその家族、一般のユーザーが使う病気や健康に関する言葉をつなぐ、「医療ことばデータベース」の開発を行っています。
    この「医療ことばデータベース」に検索エンジンやAIを活用することで、往診時に使える音声メモアプリの開発、電子カルテ会社や医療企業との連携、外国人を含めた医療機関向け教育事業への展開などに取り組み、医療現場でのコミュニケーションを円滑にすることをめざしています。
    特に、超高齢社会が直面している医療現場における円滑な情報共有、つまり多職種連携は優先的に解決すべき社会的課題と考えており、医療現場と患者との生きた情報共有へのひとつの道筋を模索し、解決することで社会に貢献していきます。

    健康を想う全ての人、医療従事者、サポートしている企業などが「医療ことばデータベース」を活用することをめざして、事業を展開していきます。

  • 高藤 悠子
    プロビティ・グローバルサーチ株式会社
    高藤 悠子
    所在地東京都港区

    企業と個人の世界観のマッチングにこだわった人材マッチングサービスで成長に貢献

    スキルや経験、想いに加えて、世界観で企業と個人をマッチングする人材紹介サービスを運営しています。
    現在の転職市場では、スキルやビジョンマッチで共感して採用したものの、入社後に社風が合わないと感じ、離職してしまう事例が多く発生しています。一方、世界観の合った人材は組織になじみやすく、コミュニケーション効率も良いため、組織としての意思決定やアクションのスピードが高まるのが特徴です。

    当社は独自の指標で求人側の企業と求職側の個人の世界観を査定しマッチングしており、大手食品メーカーや情報サービス企業などで採用されています。
    今後はこのマッチングアルゴリズムを体系化ならびにシステム化し人材マッチングのプラットフォームとして広く転職市場での新たな常識を創造していきます。さらに、本求職・求人プラットフォームを軸に、企業向けの採用代行やコンサルティングのほか、個人向けキャリアコーチングを行うとともに、英語対応も進めて海外展開もめざします。

  • 高本 玲代
    株式会社uni'que
    高本 玲代
    所在地東京都渋谷区

    40代から女性の心身の不調が出る更年期を夫婦で乗り越える

    更年期夫婦のコミュニケーションに介入し、更年期を乗り越えるためのプログラムを展開しています。「wakarimi(ワカリミ)」は日々の女性の体調を対話アプリのLINE(ライン)によって夫婦間で共有し、不調の際にどのように接してほしいかを日ごろから共有することができ、更年期の症状や知識を提供しながら、心地よい関係の構築をサポートしています。

    更年期に何らかの課題や悩みを抱える女性は860万人いるといわれており、自身の心身の不調に悩みながら、責任ある仕事や子育て、介護などを行うため、幸福度が一番下がる時期となることが研究で分かっています。また女性の状況に引きずられて、パートナーの幸福度も下がる傾向にあります。しかし、更年期の不調については男女共に正しい知識が不足しており、受診のタイミングが難しく、女性が一人で抱えて悩んでいる状況も多く発生していました。

    そこで当社は夫婦間のコミュニケーションに介入することで、それぞれの家庭によって心地よい「夫婦の在り方」を見つけて更年期を乗り越えるサポートを行うとともに、今後は、健康経営や女性のヘルスケアに取り組む企業や自治体との協業をめざします。

  • 西浦 明子
    軒先株式会社
    西浦 明子
    所在地東京都千代田区

    空きスペースを貸したい人と使いたい人をつなぎ、新たな価値を創出する

    遊休スペースのマッチングプラットフォームを運営しています。創業時より誰でも気軽にお店が開ける「軒先ビジネス」、2012年より駐車場のシェアサービス「軒先パーキング」を展開しており、2018年より飲食店シェアサービスを開始し、2020年4月に「magari」としてリニューアルしました。不動産オーナーにとっては、使っていないスペースや時間帯を活用することで、新たな収益にもつなげることができます。

    これまで車で出かける際には、駐車場を探す作業が手間となり、停めたい場所に停められないという事態も多く発生していました。また、新しいビジネスや飲食店の開業にあたっては、出店場所の確保や初期費用が大きな負担となっていました。

    そこで当社は日本におけるスペースシェアリングのパイオニアとして、あらゆる不動産の未活用スペースや未稼働時間をインターネット上で仲介し、新たな価値を創出してきました。今後は新たな街の魅力の提唱や働き方の実現をめざし、より良い暮らしをサポートしていきます。

  • 福田 恵里
    SHE株式会社
    福田 恵里
    所在地東京都港区

    自分にしかない価値を最大限に引き出し、理想のキャリアや働き方の実現をサポート

    ミレニアル世代の女性に向けた、実践的なキャリア支援サービスを展開しています。キャリアスクールの「SHElikes」では、デジタルクリエイティブのスキルを学べるレッスンやコーチングの機会を提供。講師は受講生の少し年上のロールモデルとなる人材を選定しており、受講者は累計2万人を突破しています。専門知識やスキルを習得した卒業生への仕事の紹介なども行い、場所や時間に捉われずに自由な働きたい方をしたいと願う多くの女性たちをサポートしており、コロナ禍で利用者も増加しています。

    女性の活躍推進が言われて久しい一方で、第一子出産後に離職する女性の割合は47%に上ります。さらに日本では、政治面や経済面などで男女格差が大きいことに対しても、課題意識をもたなくてはいけません。女性が家事や育児と向き合いながらキャリアを築いていく際には、まだまだ多くの壁があるのが現状です。

    そこで当社は女性のスキルアップをめざし、ワークライフバランスを両立できるような仕事に就くためのサポートを行っています。キャリア支援で培ったコミュニティを今後は金融やライフスタイルといった分野にも展開して新規事業も創出し、サービスの拡大を進めていきます。

  • 松本 麻美
    アクティブ・コネクター株式会社
    松本 麻美
    所在地東京都文京区

    外国籍エンジニアの採用を通じて、クリエイティブなチームづくりをサポート

    外国籍エンジニアを専門とする人材紹介サービスを展開しています。海外進出を視野に入れている企業や、高度なスキルをもつ即戦力のエンジニアを採用したい企業と、外国籍エンジニアをマッチングし、これまで400社以上の採用をサポートしてきました。

    日本のIT業界では人手不足が深刻な課題になっており、その不足数は2030年までに最大で79万人に達するという試算があります。その一方で、外国人エンジニアを採用する際に語学や文化に対して配慮が必要な点が、企業にとっての懸念材料になることも多くありました。

    そこで当社は外国籍エンジニアのマッチングだけでなく、採用後のマネジメントといったフォローアップも充実させながら、適切な人材の紹介を行っています。今後は海外在住のエンジニアと日本企業を結ぶ新規事業のローンチも視野に入れ、イノベーション創出を加速させるチーム作りをサポートします。

  • 渡邊 享子
    合同会社巻組
    渡邊 享子
    所在地宮城県石巻市

    資産価値の低い空き家を活用し、地域とアーティストが支え合う新しい経済をつくる

    資産価値の低い空き家を活用し、アーティストを育成する事業を展開しています。6月からは新たに「Creative Hub(クリエイティブハブ)」プロジェクトをスタート。都市部の若いクリエイターたちを宮城県の石巻市に集め、使われていない地域資源を活用して彼らの生活を支えながら、作品制作や事業づくりに取り組める環境を提供しています。

    日本では人口減少や空き家の発生が全国共通の課題となっています。さらに現在は新型コロナウイルス感染症の影響をうけ、特に若手のアーティストが作品やパフォーマンスの発表の機会を失い、生活困窮が深刻化している状況です。

    そこで当社は新しい地域経済の流れを生み出せるクリエイティビティの高い人材を人口減少が進む地域に集め、多世代間での新たな繋がり創出をめざします。今後は作品や空き家活性モデルの海外展開も視野に入れて、事業の拡大を進めていきます。

育児・教育

  • 岩田 かおり
    株式会社ママプロジェクトJapan
    岩田 かおり
    所在地東京都港区

    企業・地方自治体とママを繋いで応援し、子育てがしやすい社会環境をめざす

    子育て中の母親を対象とした教育サポートツールの提供とコミュニティの運営を行っています。これまでに企業や地方自治体などで4000人以上の方々に家庭教育の講座を行い、子どもの主体性を育むメソッドを提供してきました。その中で、子育てに不安をいだく女性は多くいますが、子育て経験者や有識者に相談することでその不安が緩和されることがわかってきています。
    子育てと仕事の両立を促す女性活躍推進が掲げられて久しい一方で、働きながら子育てを行う女性への支援はまだまだ不足しているのが現状です。そこで、子どもの教育だけでなく、今後は当社の有資格者をアフタースクールなどに派遣し、保育士やスタッフ向けに、効果的な母親のサポート方法を指導する講座や勉強会の提供を視野に入れています。
    多くの悩みを抱える母親のサポート事業を通じて、子育てを経験した女性たちが互いに価値を提供し合い、社会貢献ができる場を実現するとともに、女性が長く働きつづけられる社会づくりに貢献します。

  • 小林 コトミ
    株式会社シードハウス
    小林 コトミ
    所在地神奈川県藤沢市

    遠隔教育を通じて、誰一人取り残さない新しい学習スタイルを確立する

    ICT機器を利用できる環境を整え、オンラインとオフラインを組み合わせた「通えるオンライン学習塾」の運営を行っています。
    新型コロナウイルス感染症の拡大により、オンライン学習の取り組みが注目を集めています。その一方で、パソコンなど機器の不足やアプリのインストールやログインができないなどのリテラシー不足、家庭内での環境整備ができない、さらに、オンライン授業に対してのノウハウの不足などが課題として挙げられています。

    そこで当社は自宅でオンライン接続ができない児童や学生でも、学習塾でオンラインに接続し、安全な距離を保って授業が受講できるシステムを構築し、広く展開していきます。パソコンやタブレットなどのデジタル機器を無料で貸し出し、安心してオンライン学習に取り組めるスペースを提供することで、家庭や教育機関の負担の軽減をめざします。

  • 惟村 寛子
    株式会社STORY TIME
    惟村 寛子
    所在地東京都港区

    知育工作で子どもの成長を可視化するサービスにより親子で過ごす時間の質を高める

    未就学児向けの月齢・発達状況にあった工作キット4セット/月をサブスクリプション型で毎月届ける事業を2020年8月よりスタート。
    成長・発達度合いに合わせて個々にカスタマイズして提供される工作は1回15分程度で完結し、小さな子どもも集中して取り組める設計になっています。
    継続して利用することで子どもの成長の把握と実感ができるようになります。

    子どもが親と過ごす時間は安心感にも繋がりますが、共働き世帯の増加により子どもとの時間の確保に悩みを抱える親は増えてきています。
    子どもの成長を保育士から聞いたり、ついデジタルツールに頼ってしまったりして、罪悪感を持つ親も多くいます。

    本サービスは親と子が過ごす限られた時間の質を高めることで、親の子どもに対する罪悪感の払しょくや子どもの心のケアと発達の促進をすることに寄与したいと考えています。
    今後はサービス拡大に向けた発信を行うとともに、ゆくゆくは子どもの成長状態を保育園などとデータ連携し保育士の負担となる事務作業の軽減や保育内容の向上にも寄与できる事業に拡大していきたいと考えています。

  • 太田 恵理子
    合同会社ハビリテ
    太田 恵理子
    所在地徳島県徳島市

    障がいのある子どもと家族をサポートし、就労や起業支援事業展開をめざす

    通所型の児童発達支援施設を徳島県で運営しています。「おやこ支援室ゆずりは」は、発達の遅れが気になる子どもや、障がいをもつ未就学児が日常生活における基本動作や知識を習得し、集団生活に適応できるように支援する施設です。0歳から6歳までの子どもを対象にしており、最長で1日8時間受け入れることができるため、家族のサポートにもつながります。職員の半分は障がい児の親でうち3名が自身の子どもを預けながら働いています。

    現在は障がいのある未就学児(特に0~2歳)の預け先が少なく、小児リハビリを提供できるセラピストの数も非常に限られています。また、フルタイムで働く障がい児の母親の数は健常児を持つ母親の7分の1とも言われており、家族へのサポートが不十分な点が課題となっていました。

    当社は、子どもひとりひとりにあった支援やリハビリ、そして家族へのケアを通じて、誰一人取り残さない社会の実現をめざします。今後は6歳から18歳の放課後等デイサービスの立ち上げや、障がい児の母親や子どもたちへの就労支援、起業支援事業の展開も視野に入れています。

  • 田中 沙弥果
    一般社団法人Waffle
    田中 沙弥果
    所在地東京都渋谷区

    女子学生向けのコーディングコースを展開し、テクノロジー業界やIT領域でのジェンダーギャップを埋める

    女子中高生に特化したオンラインのコーディングコース「Waffle Camp(ワッフルキャンプ)」を運営しています。事前の課題と半日の講座を通じて、実践的なスキルが身につくコースを設計しており、IT分野で活躍する女性エンジニアたちのトークセッションも実施。スキルや情報の提供を通して女性の長期的なキャリアプランの設計をサポートしています。

    ある調査では、小学生女児の66%がプログラミングに興味があると回答しているものの、年齢とともに減る傾向があります。IT業界に注目すると、女性技術者の比率は20%以下に留まっており、大学の情報工学を専攻する女性の比率も15%と業界におけるジェンダーギャップにつながっています。

    当社は、進路を決める段階にある年齢の女子学生にアプローチし、ITスキルや思考を手段として新たな進路選択や自己実現ができるキャリア教育をめざしています。
    今後は、国際的なスタートプログラムの運営やワークショップの開催など、コミュニティ形成にも力をいれ、より多くの女性が活躍できる世界を実現していきます。