東京都

APT WomenAcceleration Program in Tokyo for Women

スタッフブログ

2018年02月06日(火)イベントレポート第2期プログラム説明会を開催しました!

APT Women、いよいよ第2期プログラムが始動します!

2月6日(火)、起業を考えている方々のための支援拠点として東京都が設立した丸の内のStartup Hub Tokyo(注1)にて、題2期プログラムの説明会を開催しました。

(注1)公式サイトはこちら

定員の50名を超える方々がご応募くださり、様々なステージの女性起業家の皆様にご参加いただきました。

当日は、運営事務局から本事業の趣旨や第2期プログラムの特色に係るご説明を行ったほか、

第1期プログラムの受講生数名を招き、

株式会社ZEST 代表取締役 伊藤由起子氏より「事業のスケールアップとは~APT Women 第1期を受講して~」というテーマで第1期での体験談やそれらを通して得た成果についてのお話を、

株式会社キャリーオン 長森真希氏・株式会社ファーメンステーション 酒井里奈氏より第1期プログラムになぜ応募したのか、受講して良かった点は何かといったテーマに関するパネルディスカッションを実施していただきました。

<ご参加いただいた第1期プログラム受講生の紹介>

株式会社ZEST  代表取締役 伊藤由起子(いとうゆきこ)


幼少は英独米在住、10歳で帰国。大学在学中にアルバイト、女性プログラマー第一号となり、1か月独学でプログラミングを学び、成績トップに。天職との出会いに気づき、大学を中退。世の中にないシステムで顧客を助けたく、1988年25歳で起業。行動予定表自動化システムをベースとした人材シェアリングプラットフォーム「ShareONE」(人のやりくりを自動化して最適化する、webベースのBtoB向けSaaS)を開発し展開中。 今年シリコンバレーに拠点を移す予定。

株式会社キャリーオン 長森真希(ながもり まき)氏

東京都出身。慶應義塾大学卒業後、海運世界最大手Maersk Line入社。コペンハーゲンでの幹部養成プログラムMISEメンバーに選抜され、グローバルマーケットでの貿易業務に従事。その後フリーランスの日英バイリンガルMC/アナウンサー・通訳として主に国際会議やスポーツ国際大会、海外トレードショー等で活躍。 2013年株式会社キャリーオンを設立。国内最大規模の子供服リユースプラットフォーム「キャリーオン」を運営し、これまでに累計16万件以上の子供服取引に携わる起業家。

株式会社ファーメンステーション 酒井里奈(さかい りな)氏


東京都出身。国際基督教大学(ICU)卒業。富士銀行(現みずほ銀行)、ドイツ証券などに勤務。発酵技術に興味を持ち、東京農業大学応用生物科学部醸造科学科に入学、2009年3月卒業。同年、株式会社ファーメンステーション設立。研究テーマは地産地消型バイオエタノール製造、未利用資源の有効活用技術の開発。 好きな微生物は、麹菌。 好きな発酵飲料は、ビール。